遺留分侵害額請求を早期に弁護士に依頼するメリット

遺言などによって遺留分の侵害を受けたときには、侵害者(受遺者や受贈者など)に「遺留分侵害額請求」という金銭請求ができます。

もしも遺留分を請求されるなら、お早めに弁護士に相談なさることをお勧めします。

今回は、遺留分侵害額請求を早期に弁護士に依頼するメリットをご説明します。

 

1.スムーズに決断し、時効の成立を防げる

遺留分を侵害されたとき、「請求しようかどうか」迷われる方が非常にたくさんおられます。迷っている間に時効が成立して諦める方も少なくありません。

早期に弁護士に相談すると、弁護士から適切なアドバイスを受けて遺留分請求をすべきかどうか、スムーズに決断できます。時効成立までには相手に請求をし、権利の消滅を防げられるでしょう。

 

2.相手との交渉を任せられる

遺留分侵害額請求の手続きは非常に手間がかかります。相手がすんなり支払いに応じてくれるとは限りませんし、遺産の評価や遺留分侵害額の計算なども必要となってきます。

相手と感情的に対立し、大きなストレスがかかるケースも多々あります。

弁護士に任せていれば、相手との交渉や遺留分の計算などはすべて弁護士が行います。

自分で対応する必要がないので労力もかかりませんし、ストレスも大きく軽減されるでしょう。

 

3.交渉を有利に進められる

遺留分侵害額請求の際には、相手との交渉が必要です。遺産をいくらと評価して具体的に何円払ってもらうのか、一括払いにするのか分割払いにするのかなど、決めるべき要素がいくつもあります。自分で交渉すると、どうしても相手から言いくるめられたりして不利になる可能性があります。

弁護士が代理交渉を行う際には、法律家としての観点から依頼者の権利を守るべく、可能な限り依頼者にとって有利な結論を導き出します。依頼者が自分で交渉するより有利な結論を得られる可能性が高くなるでしょう。

 

4.遺留分返還についての確実な合意書を残せる

遺留分侵害額請求を進め、無事に相手と合意できたときには「合意書」を作成する必要があります。口約束で終わらせてしまった場合、後にトラブルを蒸し返されるおそれがあるからです。

ところが一般の方の場合、どうしても合意書の内容に不備が発生するケースがあるものです。それではせっかく合意書を作成した意味がありません。

弁護士が対応していれば、法的に有効な合意書を作成できるので安心です。必要に応じて公正証書作成もサポートいたします。

 

5.交渉が決裂しても安心

仮に遺留分侵害額請求の交渉が不成立となっても、弁護士がついていればスムーズに調停や訴訟の手続きに進めていけるので安心です。

遺留分侵害額請求を弁護士に依頼するのとしないのとでは、過程や結果に大きな差が発生するでしょう。請求をご検討されているなら、是非とも一度、ご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0432396360電話番号リンク 問い合わせバナー